■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

令和元年度第9回寺子屋教室
1月25日 令和2年、最初の寺子屋教室は〜〜〜

「バドミントン」

最近、大人気、女子ダブルスは前回オリンピック金メダル、今回も大活躍間違いなし、そして、男子は世界ランキング1位の桃田選手がいます。アクシデントはありましたが、大丈夫でしょう〜


低学年から高学年まで、たくさんの子どもたちが参加しました。

板橋区のジュニアバドミントンクラブで指導されている根岸昭好先生を講師に迎え、基本から教えてもらえたので、ちょっと上手になったな!と実感できた子も多かったのではないでょうか。

今回は助手の先生と、ジュニアバドミントンクラブで活躍している中学生のお姉さんも手伝いに来てくれました。



まずはラケットの持ち方、球の捉え方。
ネット際でのプッシュの練習を繰り返し、
お次はハイクリア!



そして、ラリーも行いました。練習の成果もあって、熱が入りますね!



今回は低学年から高学年、バドミントンははじめてというお子さんから経験ありのお子さんまで、幅広く参加いただきました。グループに分かれて打ち合いをしたので、それぞれ楽しむことができたと思います。



講師の先生と中学生のお姉さんに教わって、良い経験になったかな。楽しさも、悔しさも、いろんなことを感じてもらえたと思います!



さてさて、文科系では今回2回目となるプログラミング教室が行われました。

今は何と言ってもIT系、パソコン、できて当たり前の世の中ですよ。私だって、こうやってブログを作っているくらいだから、かなり、かなり、かなり・・・・いや、そんなに詳しいわけではない

なので、今日も教えていただきましょうって、大人気で入れないやないかい!!





先生も頭が良さそうやな〜、難しいけど、しっかり勉強してきます。







さて、寺子屋も後1回、しかも連続開催です。最後までみなさん、楽しんで下さいね。

| - | 03:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
令和元年度第8回寺子屋教室
11月30日(土)第8回寺子屋教室

もちろん、明日の大会の為に最終連取、それは、ドッジボール

選手達の顔が殺気立っています、沈まれ〜沈まれ〜、おお、神よ、この子たちに幸あれ


前日が忘年会だったにもかかわらず、朝からさくら会の方が6人も来てくださいました!

まずなんと言っても、参加人数!

ぎょ、ぎょ、ぎょ、ぎょ、ぎょ〜

今期最多の71人にも膨れ上がりました!



ウォーミングアップのランニングの列も、なんだか密度が高い…。
(ケーキ食べて、プリン、かき氷、最後にドーナツみたいな〜??



いつものように低学年は体育館、高学年は校庭でひたすら試合練習開始です。



この時期気温は低くなってきて、見学の大人は寒いのに、子供達は半袖で動き回る子もいて元気いっぱい!





用意した麦茶もいつもより減りが早い!



明日の試合のために、みんな気合い入ってました!



さくら会のお父さんがホイッスルで三三七拍子!うまく誘導してくださいました。


みんな楽しそう!



高学年は1分休憩を挟んで試合形式で練習。
水を飲むのもダッシュで、意欲的!
さすが高学年です。

今回も突き指もけがもなく、無事終了しました。
さくら会のみなさん、お疲れのところありがとうございました!


大会では練習を生かして、思いっきり楽しんでほしいです!


さて、大会結果ですが・・・・・・

全学年優勝〜

すばらし〜、まさに板四小の奇跡!!これも寺子屋のおかげだ〜笑笑笑


文化プログラムは、東京ドーム、福岡ドーム、札幌ドーム、いやいや

「スノードーム」 

きれい、幻想的、雪のはな、そう、大人気、世界中で愛されているスノードームを造っちゃおうって言うんだから、板四小の寺子屋、すっご〜〜〜いっす!!


総勢38名の子供たちと、エコポリスセンターから2名の先生を迎えて開催しました。

私たちの身の回りに本当によく使われているプラスチック。

最近は脱プラ運動も高まってきていて、エコの観点からもプラの再利用は重要な課題です。
今回のスノードームはそんなプラの再利用の一環です。
飲み終わったペットボトルで綺麗なスノードームを作りました。


まずはスノードームのスノーにあたるキラキラしたものをペットボトルに入れるところからスタートです。



ビーズやラメなどを各々ペットボトルに入れていく子供たち。
すでにキラキラで綺麗です。





そこに洗濯のり、洗剤、水を入れてドームにします。
洗濯のりを入れることで粘度が上がり、ラメやビーズがゆっくりと水中を舞うようになります。

洗濯のりを計量カップで測って入れたり、泡立たないようにゆっくりお水を入れたり、子供たちは真剣です。

ビーズやラメがこぼれたり、勢いよく水を入れて泡立ったりしたらどうしようと思っていた大人たちの予測を裏切り、子供たちはとても丁寧に作業をして、散らかったりすることもなく全員カワイイスノードームを完成させることができました。




スノードームができたら、次は周りの飾り付けです。


クリスマスが近かったので、クリスマスイラストのプラバンを作ってペットボトルに取り付けることにしました。

下絵を元に、自分らしさを付け加えてイラストを描く子供たち。




雪が降っていたり、サンタさんがプレゼントを持っていたりと工夫がいっぱいでとても素敵なイラストばかりでした。



イラストを描いたら、紐を通す穴をあけ、オーブントースターで温めてプラバンの完成です。

自分で描いたプラバンをリボンでペットボトルに取り付けて、オリジナルクリスマススノードームができあがりました。

出来上がったスノードームはみんなで観賞会をしました。
いくつも並べて置くと、また違った綺麗さがあって、とても素敵な鑑賞会になりました。



プラバンは一部のお弁当やお惣菜のパックでも作れるようなので、おうちでペットボトルやお弁当のプラスチックがあったら、スノードームを作れます。

洗濯のりがない場合、食器用洗剤だけでもできるそうです。
R1のペットボトルは小さめで、ちょっと作る時には最適なサイズだなと思いました。
エコやプラについても勉強になり、とても有意義な時間になりました。

今年はこれで最後、みなさん、ご参加ありがとうございました。そして、寺子屋へ講師で来た先生方、委員の皆さん、ありがとうございました。

| - | 03:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
令和元年度第7回寺子屋教室
11月9日

今回も、今回も、今回も

ドッジボーーーーーーーール


な、な、なに?またかよ〜ってか!おおおおおおおおおおおおい、君たちは知らないだな、板四小はドッジボール王国だってことを!!

今回はなんと60人もの子供達が集まったのだ〜



そして、今回も さくら会のパパちゃん達が協力、ありがたや、ありがたや。

さぁ、大会まで1ヶ月を切った、ここで最後のまとめ。そして、見事、王者のしるしを世間のみなさんに見せてやるのだ〜〜〜







クラスやチームの団結力は、もうすごい!!


見守っているスタッフの顔も、もうすごい!!むしろ、こっちの方がすごいかも(笑)



続いて〜〜

今回の文化プログラムは〜〜〜プログラミング


今回、担当予定だった講師が体調不良の為、ピンチヒッターで別の先生に来ていただきました。


プログラミングって何だ??

プログラミングとは、コンピューターへの命令を作ること。
私たちの身の回りには、家電やエレベーター、アプリ、ゲームなど、たくさんのプログラミングされたものでいっぱいです。



そんなプログラミングをもっと身近に感じてもらうため、今回は1〜6年生20名に参加してもらい、指示の言葉(〜歩動かす。ずっと。など)が書いてあるブロックを組み合わせるだけで簡単にプログラミングが出来る「Scratch」を体験してもらいました。



「Scratch」を使い、オニごっこゲームを作ります。
やる事は3つ。
1、自分を動かす
2,オニを動かす
3,オニにタッチされたら止まる

自分とオニ、それぞれ好きなキャラクターを選び、1〜3を1つづつ順番に、ブロックを組み合わせていきます。



4〜6年生の子供達は、授業でもやっていたり、家でプログラミングしている子達が多く、スラスラ〜とブロックを動かし、それぞれ思い思いの作品を作っていました。



1〜3年生の子達は経験している子が少なく、お手本をモニターで確認しながらゆっくりと慎重に進めていました。



1〜3が終わったら、次はオリジナリティを出すために、もっと色々つけてみよう!とのこと。

自分で好きな絵を描き見た目を変える。オニに捕まったときに出す鳴き声や効果音を選び音をつける。背景を選び変える。



この3つを加えることで、さっきまではみんな同じだったものが違うものに見えるくらい、それぞれ素晴らしい作品が出来上がりました。


自分の作った作品や友達の作品を見て嬉しそうな子供達。「なんか難しかったけど楽しかった。家でもやりたい。」との声を聞くことができ、大成功で終わることができたかなと思います。



「Scratch」はダウンロードできるので、ぜひお家でもプログラミングを楽しんでみて下さいね!

| - | 11:11 AM | comments (x) | trackback (x) |
令和元年度第6回寺子屋教室
令和元年10月5日(土)

さぁさぁさぁさぁ、大会に向けて益々ヒートアップ・・・そうです、そうです、今回の寺子屋も〜〜〜

ドッジボーーーーーーーーーーーーーーーール

12月1日の大会本番まであと少し!

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜燃えてきた〜〜〜〜

はぁはぁはぁ、やばい、燃えすぎて、焦げてきた〜まだまだテンション上げるには早すぎる、本番はまだまだ先ですぞ〜。

さて、今回もさくら会パパさん5人の指導の下、低学年24人、高学年23人と沢山集まりました☆



この日は10月だと言うのに真夏並みの暑さで皆んなこまめに水分補給をしながら行いましたf^_^;


低学年の子供たちは、体育館内で、軽いキャッチボール練習、ルール説明の後、ゼッケンの有り無し組に分かれて練習試合を開始!



男子は凄い早いボールをビュンと投げたり、バシッと上手にキャッチしたり中々迫力のある試合

さ、さ、さすが板四小の子供達、ドッジボール大会にて、ここ数年、絶対王者の板四小、今回の負けないぞ〜〜〜うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
・・・・・はぁはぁはぁ、テンションがまた上がってしまった。




女子はキャーと言いながらも上手にヒラリとボールをよけ、そして、ハチのように刺す、おおおお、まさに板四小必勝パターーーーン


どちらのチームも負けじと頑張りました!
試合終了の合図でしゃがむと審判かコート内を数え判定結果!勝つチーム負けるチーム「ワーイ」とか「悔しー」とみんな本気で闘っていました





高学年の子供たちは、校庭に移動

試合が始まると流石高学年!力強いボールをビュンビュン投げ合いとても迫力のある試合でした!



おらおらおらおらおらおらーーーー超剛速球〜炎の弾丸ボールじゃーーーーーーー



チームワークもバッチリで見応えある闘いでした♪

本当に暑い中、汗だく、それが青春、青春、涙も汗も若者の特権!!

さぁ、本番に向けて、今日も走り出すぞ〜!!


続きまして〜今回の文化プログラムは・・・・・・・


『クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ』

あああああぁ、なんのこっちゃ???  

「クラブ デ スッコロンデ コケテ ピッタリテヲツイタ」??

お、お、お、おれには何を言っているのかわからない


ええええ、「ピアノの正式名称」だって〜〜、そ、そ、そんな立派な名前があったのか!!

世界は広い、世界は広い、世界は広い、らら、すごいんだぁ〜♪♪

そうです、今回の寺子屋文化プログラムはピアノ教室〜〜〜


 今回参加してくれたほとんどの皆さんがピアノを習っている方でした。


(前半では)
 まず、3種類(グランド・アップライト・電子)のピアノの歴史を教わりました。



 次に学校(アップライト)のピアノを丸裸にしました。ピアノを習っていても仕組みやピアノの中身までは見せてくれないと思います。これが今回の見せ場です。だから参加していた方々は興味津々、その場に居合わせた保護者の方も私も…




鍵盤一つ一つに番号があり、同じモノがないことまた鍵盤の色がなぜ白と黒なのか、ピアノパズルで遊んでみたりもしました。でもただ『遊ぶ』のではなくて、“シ”と“ミ”の微妙な形の違いを知ることが出来たり、普段子ども達が教わっていないピアノの部分を知ったうえで通っているピアノ教室に行くことが楽しくなるのではと感じました。






 短時間ではありましたが、子ども達の発表会の始まりです。一人ひとりが自分の18番と思われる曲を披露していました。


(後半は)
 連弾とお話しの演奏会です。


 《どうぶつのしゃにくさい》
 どこから観ても自由。普段、人が弾いているときは、静かに座って観る(聴く)ものですが、これも普段出来ない間近で演奏を聴くというよりは『感じる』ことが出来た貴重な時間だったと思います。





 私も耳にしたことがある名曲や時にバーナムのような演奏だったり、演奏に引き込まれてしまう一時でした。演奏が終わり参加してくれた子が『楽しかった』と言って帰っていかれたことは、今回の寺子屋教室大成功!といわれた感じでした。

さぁさぁ、寺子屋もどんどんレベルアップ、子供達も楽しみにしてるので、盛りだくさんの企画をこれからもやっていきます。

| - | 10:05 AM | comments (x) | trackback (x) |
令和元年度第5回寺子屋教室
令和元年9月14日

今年も・・・来たーーーーーーーーーーーーーーー

ドッジボーーーーーーーーーーール

12月1日の大会本番@東板橋体育館に向けて、計4回あるドッジボール教室の初回。

今年こそは全学年完全優勝〜狙うぞ〜行くぞ〜東板橋体育館へ〜


さくら会パパさん3人の指導の下、低学年(〜3年生)27人、高学年19人が、ワイワイキャッキャと大変盛り上がりました♪



低学年の子供たちは、体育館内で、軽いキャッチボール練習、ルール説明の後、ゼッケンの有り無し組に分かれて練習試合を開始!

どちらのチームも、ちょっと年上な3年生を中心に、大きな声を出して、ボールをビュンビュン投げて、ナイスキャッチ(パパママも歓声)! 1・2年生は、キャーと騒いで逃げて、背中に当たってアウト。センターラインを越えるオーバーラインも連発(笑)しつつ、試合を重ねるたびに、目に見えて試合展開が徐々に上達!



試合結果は、ゼッケン組の4連勝でしたが、手に汗握る戦いで、笑顔にはじけた試合となりました♪

高学年の子供たちは、体育館内での練習の後、校庭に移動し、練習試合を開始。
高学年ともなると、ボールの勢いも強く、キャッチも上手、声を出し合って、攻守の切り替えも早く、流石の展開!
白熱した戦いが繰り広げられました♪



今後のドッジボール教室の日程は、10月5日・11月9日・30日の予定となっておりますので、奮って参加してくださいね♪

完全優勝の為、君の力を待っているぞ!!!!!



さてさて、続いてのプログラム、今回はスポーツ2本立て、

へいへいへいへいへいへい〜〜、ダンス、ダンス、ダンス、へいへいへいへい〜

あたたたたた、腰が痛い・・・って、おじさんはすぐにリタイヤ、でも若者には今や大人気、ダンス、ダンス、ダンス、わしも若い頃は、ダンス界の帝王と言われたものじゃ、はははははははは。


夏の蒸し暑さが少し和らいだ9月14日
文化プログラムでは、HIP HOPダンサーのha-naaa(ハナ)先生を迎え、おおおお、いえぇ〜Hana〜、レッツ、ダンス教室❗️



子供23名 大人4名 が集まり、スタッフ2名を入れて計29名がクラブハウスに集合✨

人数が多いので、助手の先生も1名来てくださいました💕


今回は初心者の子供も楽しんで踊れるように、皆の知ってる「パプリカ」を踊ろう❣️と言うことで、
まずは・・・

ケガをしないように準備運動からスタート❗️
首から伸ばして、段々と下へ移ります。
座ったストレッチになれてない子供達は、
「イタタ💦・・アイタタタ・・よいしょっ💦」
と言いながらも、体の柔らかい先生の真似をします。これから始まるダンスが楽しみなのか、ニコニコです。




十分に伸ばしたら、リズムをとる練習からスタートです✨


テンポのいい曲に合わせて、体を丸めて伸ばしてを繰り返します。段々と早くなっていくと子供達も楽しそうについていきます💦




さぁ、次はこのリズムに合わせてステップの練習です。
み〜ぎ♪ ひだり♪ み〜ぎ♪ ひだり♪
左右(左右)に移動を始めます。
「体を丸めて〜伸ばして〜は、そのままだよぉ〜😅
そのまま〜♪ み〜ぎ♪ み〜ぎ♪ ひだり♪ひだり♪ 」
子供達は楽しそうにしながらも、先生の動作を真剣に見てます。
「はい❗️これに手をつけてみよう❗️」
えっ❓これに手までつけちゃうの❓ という表情をしながらも、さすが子供達❗️笑ってどんどんトライします✨





そして、汗をかいたので、水分補給します❣️

休憩を取ったら、いよいよ振り付けです❗️
パプリカの曲がかかると、子供達の表情がキラキラしてきます。
「パプリカだ🤩 パプリカだよ💕」
パートに分けて順番に教えてもらうので、子供達は歌に合わせてどんどん吸収します。





あっという間に最後までいったので、リズムとりの練習を兼ねたレクリエーションタイム(タイムアウト)✨
2組に分かれ、足を閉じて開いてを繰り返しながらクラブハウスの端から端まで進みます💦
「グー♪ パー♪ グー♪パー♪ はい、今度は逆だよぉ〜✨ パー♪ グー♪ パー♪グー♪」

子供達はキャーッ💕と言いながらもピョンピョン飛び跳ねていきます。


気分転換出来たところで、パプリカのおさらいです✨
パプリカの曲を最初から最後まで通しで実践します。
ダンスをするグループと見るグループの2グループに分かれて、ミニ発表会❗️





終わると皆でパチパチ👏と拍手してもらえるので、
子供達は、満足な表情を浮かべます。
最後は全員でパプリカを通しで踊って終了❗️
子供も大人も達成感でいっぱいの教室でした✨
先生達✨ありがとうございました💕
子供達も頑張りました✨楽しかったね💕
そして皆さん、いい運動でしたね✨
お疲れ様でした💕

| - | 12:15 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


<<前の記事