■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

令和元年度第7回寺子屋教室
11月9日

今回も、今回も、今回も

ドッジボーーーーーーーール


な、な、なに?またかよ〜ってか!おおおおおおおおおおおおい、君たちは知らないだな、板四小はドッジボール王国だってことを!!

今回はなんと60人もの子供達が集まったのだ〜



そして、今回も さくら会のパパちゃん達が協力、ありがたや、ありがたや。

さぁ、大会まで1ヶ月を切った、ここで最後のまとめ。そして、見事、王者のしるしを世間のみなさんに見せてやるのだ〜〜〜







クラスやチームの団結力は、もうすごい!!


見守っているスタッフの顔も、もうすごい!!むしろ、こっちの方がすごいかも(笑)



続いて〜〜

今回の文化プログラムは〜〜〜プログラミング


今回、担当予定だった講師が体調不良の為、ピンチヒッターで別の先生に来ていただきました。


プログラミングって何だ??

プログラミングとは、コンピューターへの命令を作ること。
私たちの身の回りには、家電やエレベーター、アプリ、ゲームなど、たくさんのプログラミングされたものでいっぱいです。



そんなプログラミングをもっと身近に感じてもらうため、今回は1〜6年生20名に参加してもらい、指示の言葉(〜歩動かす。ずっと。など)が書いてあるブロックを組み合わせるだけで簡単にプログラミングが出来る「Scratch」を体験してもらいました。



「Scratch」を使い、オニごっこゲームを作ります。
やる事は3つ。
1、自分を動かす
2,オニを動かす
3,オニにタッチされたら止まる

自分とオニ、それぞれ好きなキャラクターを選び、1〜3を1つづつ順番に、ブロックを組み合わせていきます。



4〜6年生の子供達は、授業でもやっていたり、家でプログラミングしている子達が多く、スラスラ〜とブロックを動かし、それぞれ思い思いの作品を作っていました。



1〜3年生の子達は経験している子が少なく、お手本をモニターで確認しながらゆっくりと慎重に進めていました。



1〜3が終わったら、次はオリジナリティを出すために、もっと色々つけてみよう!とのこと。

自分で好きな絵を描き見た目を変える。オニに捕まったときに出す鳴き声や効果音を選び音をつける。背景を選び変える。



この3つを加えることで、さっきまではみんな同じだったものが違うものに見えるくらい、それぞれ素晴らしい作品が出来上がりました。


自分の作った作品や友達の作品を見て嬉しそうな子供達。「なんか難しかったけど楽しかった。家でもやりたい。」との声を聞くことができ、大成功で終わることができたかなと思います。



「Scratch」はダウンロードできるので、ぜひお家でもプログラミングを楽しんでみて下さいね!

| - | 11:11 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑