■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2019年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

令和元年度第3回寺子屋教室
令和元年6月22日

今回の寺子屋は〜〜〜〜〜ファイト、ファイト、ファイト、アタックーーーーこれで毎日の洗濯は安心!!ってそっちのアタックじゃないわい!!

まったく油断も隙もあったもんじゃない。

アタックといえば、バレー、バレーですよ、ターン・タララララターン・タタターン♪ラララララ〜ン♪白鳥になりなさい、白鳥よ〜プリマドンナになるのよ〜・・・ってそのバレーじゃないっちゅーの!!


バレーボールですよ〜


板四小が誇る炎のアタッカー
永井大先生をお迎えしての寺子屋です。

板四小PTAバレーボールクラブの皆様も鬼コーチとして参戦。おおおお、怖い、怖い

まずは準備運動からスタート




パプリカやジンギスカンに乗せてみんなで手足を動かします。



まずは風船を使っての練習です。
隣りの子が落とした風船を下に落とさずにキャッチするのですが、なかなか難しく苦戦していました。
落とさないって難しいんですね!


次は本格的にボールを使ってのサーブやアタックの練習です。




ボールを投げるのではなく手で打って狙ったところに飛ばすのは大変ですが、その分うまくいくとみんな大喜びでした

クラブの皆様のナイスフォローもあって、だんだん反対のコートに返るようになっていきました!



アタック練習を終えたところで、休憩も兼ねたデモンストレーションです。

クラブの皆様と永井先生がトスとアタックを実演してくださいました。
永井先生のかっこいいアタックが決まると、子供たちからは大歓声が!





最後は低学年、高学年に分かれてのミニゲームです。

参加した子供たちはみんな元気いっぱいで1時間半の体験を楽しみました。



さぁさぁ、来年はオリンピックです。日本のお家芸だったバレーボールが復活するのも君たちの成長に掛かっているのだぞ!!さあ、太陽に向かって走れ、若者たちよーーー


続きまして〜文科系です。

なんと、今回は非常にめずらしい、希少な体験、世にも奇妙な物語、人形が、人形が、人形が、勝手に動き出した〜きゃーーーーーーーーーー!!


おおおおおおおい、そっちじゃないって言うの!!

「パペットと遊ぼう!〜人形劇体験〜」



おおおおお、人形劇だって、未知の世界にドキドキ!!


講師は佐次えりな先生。

お芝居を作ったり、子どもたちとワークショップもたくさん行っているそうです。




助手のとも先生とラニータ先生、「かぐや姫」、「銀河鉄道の夜」、「モモ」、それぞれのお芝居に登場したパペットたちも連れて来てくださいました☆

さて、このパペット、日本の伝統芸能「文楽」のように三人一組で操るとのこと。
みんなもパペットに触って、動かしてみよう!



ということで、三つのグループに分かれて、それぞれのグループで一つのパペットを動かしてみました。

まずは歩いてみよう!座ってみよう!スキップしてみよう!



三人、四人で動かしているので、息を合わせて協力することが必要です。



さて、お次はくじ引きで当たったお題の動きにチャレンジ。パペットを動かして、他のグループのみんなに、何をしてるか当ててもらおう!

「食べる」「虫を捕まえる」「トイレをする」
「シャワーを浴びる」「跳び箱を跳ぶ」「楽器を演奏する」
「怒る」「本を読む」「穴に落ちる」

小さな声で相談しながら、パペットを動かしてみます。グループの思いを一つにしないとパペットは思うように動いてくれません。難しいけれど肩をくっつけあってる姿がとても楽しそう(^^)


さて、お次はいままでの動作を組み合わせて一つのストーリーを作ります。




これは面白かったですよー!たくさん笑わせてもらいました。

最後はそれぞれの感想を聞かせてもらいました。これからも、創造力豊かな遊びに触れてほしいな、と思った回でした(^^)

ロボット社会になりつつある今の時代、それだからこそ、ぬくもりのある人形劇が必要なんだと思った回でした。

人間はロボットに支配されているのではないか、人間とは・・・おおい、また脱線じゃんか。今日は楽しくて、ほのぼの体験でした。また来てね!

続き▽
| - | 05:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
令和元年度第2回寺子屋教室
令和元年6月8日

今回の寺子屋は・・・・・日本の心は侍精神、武士道とは真の日本人の心、剣と剣と合わせる事ですべての自然の摂理が理解できる、剣の道はいばらの道 まさに人生の如くなり、サムライとは・・・って、長いわ!!

そうです、今回は剣道で〜〜〜〜す
メン、コテ、ドウ、トリャー

実は私も少年剣士出身でごわす。全国大会にも出場経験あり。ははははははは、過去の栄光でごわす。えええ?今となってはすっかりともし火だって??


まず、師範の先生から
『剣道とはどうゆう武道なのか』・
『礼儀作法について』
の話しを、子供達にも分かりやすく説明して下さいました。




この緊張感が、すごいいいんでごわす。息をスゥ〜と吐いて、吐いて、吐いて、吐い・・・はぁはぁはぁはぁ、吸わせてくれでごわす!!



始めは恥ずかしそうにしていた子も準備体操で体を動かしたり、会員の子供達が元気よく声を出して練習する姿を見学することで、場に馴染むことが出来ました。


いや〜普段はおちゃれけていると思っていたやつが、なんか、ものすごいかっこいいでごわす。魂の剣道を早く見たいでごわす。





また、竹刀や防具を実際に使って剣道の体験をしているうちに、堂々とした態度・姿勢になっていきました。ふふふふふ、おいどんもサムライになったでごわす。


短い時間ではありましたが、全てのことに感謝をし、礼儀正しく振る舞う姿に子供達の成長を感じ、とても頼もしく見えました。

講師の皆様、本当にありがとうございました。

さぁ、日本の夜明けは近いでごわす!!





続いて〜文科系プログラムは・・・ぷはぁ〜キュ、キュ、キュウノキュ〜、できた、できた、やったー。と思ったら、パァァァァァン!!

ってなんだ〜??  そうです、アートバルーンですよ〜

ぬぁぁんと、大人を入れて約50名という大人数、うぁぁぁぁぁ〜すごすぎ、寺子屋が大人気、ARASHIよりも、乃木坂よりも、私が人気があるなんて〜なんて嬉しい事でしょう〜って、あなたじゃない、講師となった寺子屋委員さん達の人気ですよ〜〜〜



バルーン作りの注意点の説明を聞いたあとは、作り方を見ながら一心不乱に集中して風船をねじります。風船がポンプから外れないように持ってあげたり、ねじったところが戻らないようにおさえてあげたり、子供たち同士が助け合う姿も見られました。



アートバルーンを通してのすばらしい教育が展開されております。まさに、まさに、板四の子供〜ラララ飛んでいる、みどりの風が〜ラララ〜ラリリラララ〜(第二校歌より)ははははは。飛んでいくわい!!



お花、剣、動物、キャラクターなど、どれも個性豊かな作品に仕上がりました。



あっというまの1時間半を終えるころには、持ちきれないほどたくさんの作品と、子ども達のたくさんの笑顔があふれる教室となりました。


まさに芸術は爆発だ〜バーーーーーーーン!!



| - | 04:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑