■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

令和元年度第9回寺子屋教室
1月25日 令和2年、最初の寺子屋教室は〜〜〜

「バドミントン」

最近、大人気、女子ダブルスは前回オリンピック金メダル、今回も大活躍間違いなし、そして、男子は世界ランキング1位の桃田選手がいます。アクシデントはありましたが、大丈夫でしょう〜


低学年から高学年まで、たくさんの子どもたちが参加しました。

板橋区のジュニアバドミントンクラブで指導されている根岸昭好先生を講師に迎え、基本から教えてもらえたので、ちょっと上手になったな!と実感できた子も多かったのではないでょうか。

今回は助手の先生と、ジュニアバドミントンクラブで活躍している中学生のお姉さんも手伝いに来てくれました。



まずはラケットの持ち方、球の捉え方。
ネット際でのプッシュの練習を繰り返し、
お次はハイクリア!



そして、ラリーも行いました。練習の成果もあって、熱が入りますね!



今回は低学年から高学年、バドミントンははじめてというお子さんから経験ありのお子さんまで、幅広く参加いただきました。グループに分かれて打ち合いをしたので、それぞれ楽しむことができたと思います。



講師の先生と中学生のお姉さんに教わって、良い経験になったかな。楽しさも、悔しさも、いろんなことを感じてもらえたと思います!



さてさて、文科系では今回2回目となるプログラミング教室が行われました。

今は何と言ってもIT系、パソコン、できて当たり前の世の中ですよ。私だって、こうやってブログを作っているくらいだから、かなり、かなり、かなり・・・・いや、そんなに詳しいわけではない

なので、今日も教えていただきましょうって、大人気で入れないやないかい!!





先生も頭が良さそうやな〜、難しいけど、しっかり勉強してきます。







さて、寺子屋も後1回、しかも連続開催です。最後までみなさん、楽しんで下さいね。

| - | 03:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
令和元年度第8回寺子屋教室
11月30日(土)第8回寺子屋教室

もちろん、明日の大会の為に最終連取、それは、ドッジボール

選手達の顔が殺気立っています、沈まれ〜沈まれ〜、おお、神よ、この子たちに幸あれ


前日が忘年会だったにもかかわらず、朝からさくら会の方が6人も来てくださいました!

まずなんと言っても、参加人数!

ぎょ、ぎょ、ぎょ、ぎょ、ぎょ〜

今期最多の71人にも膨れ上がりました!



ウォーミングアップのランニングの列も、なんだか密度が高い…。
(ケーキ食べて、プリン、かき氷、最後にドーナツみたいな〜??



いつものように低学年は体育館、高学年は校庭でひたすら試合練習開始です。



この時期気温は低くなってきて、見学の大人は寒いのに、子供達は半袖で動き回る子もいて元気いっぱい!





用意した麦茶もいつもより減りが早い!



明日の試合のために、みんな気合い入ってました!



さくら会のお父さんがホイッスルで三三七拍子!うまく誘導してくださいました。


みんな楽しそう!



高学年は1分休憩を挟んで試合形式で練習。
水を飲むのもダッシュで、意欲的!
さすが高学年です。

今回も突き指もけがもなく、無事終了しました。
さくら会のみなさん、お疲れのところありがとうございました!


大会では練習を生かして、思いっきり楽しんでほしいです!


さて、大会結果ですが・・・・・・

全学年優勝〜

すばらし〜、まさに板四小の奇跡!!これも寺子屋のおかげだ〜笑笑笑


文化プログラムは、東京ドーム、福岡ドーム、札幌ドーム、いやいや

「スノードーム」 

きれい、幻想的、雪のはな、そう、大人気、世界中で愛されているスノードームを造っちゃおうって言うんだから、板四小の寺子屋、すっご〜〜〜いっす!!


総勢38名の子供たちと、エコポリスセンターから2名の先生を迎えて開催しました。

私たちの身の回りに本当によく使われているプラスチック。

最近は脱プラ運動も高まってきていて、エコの観点からもプラの再利用は重要な課題です。
今回のスノードームはそんなプラの再利用の一環です。
飲み終わったペットボトルで綺麗なスノードームを作りました。


まずはスノードームのスノーにあたるキラキラしたものをペットボトルに入れるところからスタートです。



ビーズやラメなどを各々ペットボトルに入れていく子供たち。
すでにキラキラで綺麗です。





そこに洗濯のり、洗剤、水を入れてドームにします。
洗濯のりを入れることで粘度が上がり、ラメやビーズがゆっくりと水中を舞うようになります。

洗濯のりを計量カップで測って入れたり、泡立たないようにゆっくりお水を入れたり、子供たちは真剣です。

ビーズやラメがこぼれたり、勢いよく水を入れて泡立ったりしたらどうしようと思っていた大人たちの予測を裏切り、子供たちはとても丁寧に作業をして、散らかったりすることもなく全員カワイイスノードームを完成させることができました。




スノードームができたら、次は周りの飾り付けです。


クリスマスが近かったので、クリスマスイラストのプラバンを作ってペットボトルに取り付けることにしました。

下絵を元に、自分らしさを付け加えてイラストを描く子供たち。




雪が降っていたり、サンタさんがプレゼントを持っていたりと工夫がいっぱいでとても素敵なイラストばかりでした。



イラストを描いたら、紐を通す穴をあけ、オーブントースターで温めてプラバンの完成です。

自分で描いたプラバンをリボンでペットボトルに取り付けて、オリジナルクリスマススノードームができあがりました。

出来上がったスノードームはみんなで観賞会をしました。
いくつも並べて置くと、また違った綺麗さがあって、とても素敵な鑑賞会になりました。



プラバンは一部のお弁当やお惣菜のパックでも作れるようなので、おうちでペットボトルやお弁当のプラスチックがあったら、スノードームを作れます。

洗濯のりがない場合、食器用洗剤だけでもできるそうです。
R1のペットボトルは小さめで、ちょっと作る時には最適なサイズだなと思いました。
エコやプラについても勉強になり、とても有意義な時間になりました。

今年はこれで最後、みなさん、ご参加ありがとうございました。そして、寺子屋へ講師で来た先生方、委員の皆さん、ありがとうございました。

| - | 03:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑